DAWN〜陽はまた昇る〜
倉科遼×ナカタニD.
小学館ビッグコミックス
この作品に関する掲載記事
『週間SPA!』
2004年11月30日号
←こちらをクリック
『週間ポスト』
2004年11月26日号
←こちらをクリック
『ビッグコミックスピリッツ』
カラー扉絵
カラー扉絵1
←こちらをクリック
この作品はアマゾンでもお求めいただけます。
↓こちらをクリック
1巻
2004年12月1日初版発行
新宿でホームレスと暮らす矢作達彦は、元・ウォール街のエリート金融マン。不本意な貸し剥がしに悩む銀行員で、矢作の親友・保坂が、12年ぶりに再開したとき、時代が動き始めた!!
2巻
2005年3月1日初版発行
ホームレス主体のベンチャー企業の立ち上げ、ヘッジファンドの設立───
天才・矢作達彦の電光石火の動きは、日本経済のみならず、世界経済に大きな衝撃と影響を及ぼしていく!!
3巻
2005年7月1日初版発行
敵対的TOBも辞さない、力ずくのM&A。優良な日本企業が、外資に食い尽くされる───!?
弱肉強食のアメリカ型資本主義に対抗すべく、矢作が起つ!!
4巻
2005年10月1日初版発行
外資の力ずくのTOBを阻止した矢作達彦は、日本再生を目指し、金融界に橋頭堡を築くべく、大胆な買収策に打って出る!!
キーマンとして矢作を支えるのは、親友から盟友となった保坂だった!
5巻
2006年1月1日初版発行
血税8兆円を投入したながらも、わずか10億で外資に売られた新世紀銀行。日本人の手に取り戻し、日本再生の第一歩にすべく、矢作が仕掛けたTOBは、想定外の障害で敗色濃厚!?
6巻
2006年3月1日初版発行
政界との黒いつながりの記録“パンドラの箱”を入手した矢作は、新世紀銀行TOB戦に逆転勝利。次の目標は、経済と不可分の政治の改革だ!!保坂をはじめ、各界で活躍中の矢作の仲間が集結する!!
7巻
2006年7月1日初版発行
矢作と高校時代の友人、現在それぞれ銀行役員、総合商社社員、テレビ局員、大手広告代理店社員、外務官僚、国会議員の7人に、新聞記者・松本奈緒を加えた8人は、政経両輪が一体化した改革を目指し、鮮やかな活動を開始する!!
8巻
2006年10月1日初版発行
日本再生はアジアの再生と不可分だ!矢作が提案したアジア経済圏構築の礎たるべき日中協力プロジェクトは、中国政府トップを動かすも、米国の猛反発を招く。しかし、アジアの夜明けは誰にも押し戻せない!矢作と同士達の戦いはついに天王山へ!堂々の完結編!!